ソーシャルディスタンスはアメリカンスタンダード。

 武漢・新型コロナウイルス(2つはそれぞれ別のコロナウイルスと思っています)をめぐる騒ぎの中で進展があったのは、時間が経つについて『根本的な原因』『真の対策』『ワクチン傾倒する理由』が分かってきたことだ。
 その中で、今年の流行語大賞を狙っているとしか思えない言葉が小池らによって宣伝されている。「ソーシャルディスタンス」だ。
 『週刊クライテリオン 藤井聡のあるがままラジオ』の最新号6月1日放送の【ラジオ】政府の「ソーシャルディスタンス」論の撤回を求めます!からかいつまんで取り上げながら私の言葉も混ぜていく。
------
 感染防止のためにはやることは3つ。『新しい生活様式』なんていらない。
  • 換気を徹底する(エアロゾル感染防止)
  • 手を洗うまでは顔に触れない(接触感染防止)
  • マスクをする。必要なこと以外はしゃべらない(人にうつさないため)
------
 この中で1つ、「あれっ?」と思うかもしれない。そう、『ソーシャルディスタンス』がどこにも入っていないのだ。というか、もし、「ソーシャルディスタンスをとらないと感染する(感染が広がる)」というのなら満員電車はクラスターとなり、どっかの駅や鉄道会社で感染爆発が発生していたはずである(そんなニュース聞かないでしょ?)。
------
 ソーシャルディスタンスにこだわっていると絶対に成り立たない職業が医師。特に眼科医は患者のまぶたなどを触るので30センチほどまで近づける。そこでくしゃみをされたら簡単に感染してしまう。
 そこで眼科医が新人の頃に上司や先輩からいの一番に教わるのは『ちゃんと手を洗うまでは目・鼻・口に触れるな』これはコロナウイルス流行の前からの『重要条件』だったのである。

 ニューヨークで医師も次々と感染して倒れていても、「僕は目・口・鼻を触らない」といった医師だけが感染していない。要は「ソーシャルディスタンス」がなくてもそれだけ守っていれば感染することはない。

 では、「ソーシャルディスタンス」という言葉が生まれたのは? この言葉が生まれたのは10年前にインフルエンザが流行していた頃のアメリカ。
 アメリカの乗り合いタクシーの車内で客(しかもリムジンだから向かい合って座っている)がよくしゃべる。当然、相手に唾を飛ばしあう。かといってマスクもしない。
 「静かにしない」「マスクもしない」客が感染しない、感染させないためにどうしたらいいか? そこで「2メートルほど間隔を開けたら相手に唾も飛ばないから感染は防げるだろう」そこから「ソーシャルディスタンス」が生まれたのである。

 ちなみにヨーロッパでも人々が積極的にマスクをするようになったのは感染爆発があちこちで起こってからであり、それまではマスクを求めると人権侵害だと訴えられていた。

------
 繰り返すが、要は「換気を徹底する」「手を洗うまでは顔に触れない」「マスクをする」「必要なこと以外はしゃべらない」これらが徹底されているなら「ソーシャルディスタンス」など不要、である。
 日本人の死者が他の国より低い(とはいえ東アジアでは最も高い)のは、日本人がこれまでやってきた『日本の生活様式』(外から帰ってきたら手を洗いうがいをする、玄関で靴を脱ぐ、やたらと他人に密着しない)が理由であり、それを実行していれば『新しい生活様式』なんていうバカな宣伝に惑わされることはない。
posted by TIGHTROPE at 08:09

医療従事者への支援が根本から間違い。騒音・文字の羅列・環境破壊・時間の無駄よりもヒト・モノ・カネ!!

 花火業者にとってはその年に打ち上げないと来年まで花火玉が持たないから一気に打ち上げたんだろうが、それによる環境悪化はこれまで以上のものだ。まるで『花火業者のヤケのヤンパチ』ではないか。
 花火が悪疫退散として有効だったのは江戸時代までだ。現在のように銅・バリウム・ストロンチウム・過塩素酸塩などの毒性のある金属や薬品類を使って様々な形や色の花火を作れるようになった現在では、役に立たないばかりか大気汚染など環境悪化の弊害でしかない。
 ブルーインパルスによる『北条高時の田楽』を思い起こさせるような飛行も、あの戦闘機が放った煙の中にも有害な物質(ケムトレイル)が含まれているなら犯罪でしかない。まさかと思うが、東京では想定通りも感染者・死者数が出ていない(思ったほど少ない)から花火やブルーインパルスやらを使ってケムトレイルをばらまいて感染爆発を起こそうとしていたのでは?
 だとしたら、だったら、『プロセスなんてどうでもいい』という言葉が平気で出る。ブルーインパルスを操縦した隊員や訓練飛行を監督した教官らも貴重な時間をこんなことに使われたらえらい迷惑だっただろう。
 花火自体が危険な有毒物質というだけでない。「花火の爆音や獣の騒音による動物に対するストレス並びに死亡」「獣が見物場所をうろつくことによる空気・水の汚染並びにゴミなどを散乱させる土壌汚染」
 ・・・いいことなんて何もない。花火は特定の日だけ上げるのではなく永遠に禁止し、花火業者も全て撤退して別の仕事についたらどうか。

 そもそも医療従事者はこれらの『花火やブルーインパルスによる騒音・環境破壊・時間と資源の無駄遣い』をしてくれと思った人なんて誰もいない。動画を使った空虚な文字の羅列も『豚の鳴き声』もいらない。
 必要なのは以下の3つだ。
  • 「従来通りの業務時間内に収められるような医師・看護師の応援投入」
  • 「マスク等の医療備品やや武漢・新型コロナウイルスに真に有効な医薬品の速やかな提供」
  • 「地方の病院経営が非常時にも対応できる程度の金銭支援」
 そう、『男も女も黙ってヒト・モノ・カネ』である。

 そういえば、イタリアの医師らが『闇属性』NWOのいうことを聞かずに死体を解剖した結果、抗生物質・抗炎症薬・抗凝結剤・アスピリンなどが有効であると判明したようだな。だったらアビガンですら不要となる。
posted by TIGHTROPE at 16:14

次善手を考えることの何が悪い。

 お前ら11歳児か。

 特に日本人は、「最善のことを考えてそれが実現するように突き進むが、それがうまくいかなかったときに事を考えない(感がさせない)」のが非常に多い。
 例えば日帰りの出張。最善は飛行機のビジネスクラスだが、それが買えなかったら同じ便のプレミアムエコノミー→エコノミーもしくは前の時間の便のビジネスクラスにしたり、さらに早起きして新幹線など、「最善手がダメだったら次善手、それもダメなら3番手4番手・・・」ということを考えない。
 次善手以降を考えると、「お前は最善の手を遂行しようとする気はないのか」と一喝され、まるで『最善守以外の方法を考えることは間違い』という志向が日本人には多い
 で、いざ最善手が不可能になって慌てて次の手を考えようとするがそれらは全て次善手どころか最悪な手に近いことがしばしば。
posted by TIGHTROPE at 13:50

辞表をはねつけて懲戒免職の1択。

 国家公務員の処分規定に関して、人事院の「懲戒処分の指針について」によって賭博をした場合の規定は次の通り。
ア 賭博をした職員は、減給又は戒告とする。
イ 常習として賭博をした職員は、停職とする。

 これがいかに狂っているか。

賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処せられる(刑法185条本文)。
常習として賭博をした者は3年以下の懲役に処せられる(刑法186条1項)。

民間で懲戒解雇となる場合の条件の1つとして、「業務上の地位を利用した犯罪行為をした場合』があげられる。では、今回のケースは?

明らかに新聞記者が普通の人を呼んで賭けマージャンをするということはあり得ない。やる理由も価値もないからだ。しかし東京高検検事長としての立場でマスコミと癒着をしており、『業務上の地位を利用』は明らか。
 しかも記者が負けたというよりカネを出した時点で贈収賄罪も成立。

つまり、この2つを掲げないのは『自粛警察』と同じ。
#黒川広務を賭博罪で逮捕及び処刑せよ
#黒川広務を賭博罪で逮捕及び処刑できない法制度は誤り
posted by TIGHTROPE at 07:33

獣とは?

 コロナで自粛しろ、ステイホームだというのなら、1人1億円出してからにしてくれ。もっとも私は1億円もらっても自粛なんてしない(店が閉まっているから利用できないだけ)。
 「1.2京円もどうやって用意するんですか?」ということが上がるが、私が想定する額は1.2京円ではない。750兆円あれば足りる。獣に渡すべきはカネではなくて『引導』だ。そして『世界で』獣でないのは最大750万人。仮に日本人以外全員獣だったとすると750兆円いるが、厳密には100万人もいればいい方。『たったの』100兆円で足りる。

 単なる中国共産党批判に対して、中国人に対する批判だとかアジア人に対する批判だと抜かしているが、
 中国共産党員と中国人を一緒にするな。住む世界も次元も違う。
 ましてやアジア人でひとくくりするな。
 中国人ですら『MADE IN CHINA』を嫌っている。もはや『MADE IN CHINA』はブランドとしては反ブランド・マイナスブランドというよりむしろ『忌ブランド』(避けるべきブランド)。

 メルケルに多少あって安倍晋三になかったもの。政府に対する信用に他ならない。今の日本政府には『カネを出す』以外の価値などない。
 そんなのが『緩み』なんて言葉使うな。お前らが『緩み』を使えばそれは経済破壊と日本破壊行為(凶悪犯罪!!)に他ならない。ましてやマイナンバーカードを申請するよう強制できる自信がどこにあるというのか。

 獣とは? 魂をなくした人間のこと。獣になるのは全ての生命の中で人間だけ。
 2011年5月30日、その前まで生まれてきた全ての人間に『判決』が下された。それまで生きていた人間の99.9%の『有罪』が確定。良くて人間システムより下の動物システム(この下は植物システム・鉱物システム・エレメンタルシステム)以下に転落。
 それ以降に生まれてきた人間に対しても逐一裁かれているが・・・、まあ割合は変わらないだろう。

 人間を10万人とすると、
42人:来世は高次元領域に転生
58人:来世は現在の地球と同じ次元に転生
98900人:来世はよくて動物以下、最悪の場合は消滅
1000人:悪魔眷属だから消滅しかない(今まで何学んできたの? こいつら)

posted by TIGHTROPE at 08:16

安倍晋三は規格外

 『自粛警察』の原点になったのはヘイトスピーチを得意(生きがい?)とする獣である。当初の攻撃目標だった外国人が帰国してしまったものだから、今度は日本人を攻撃しだした。あんたの荷物を届け、食糧を作りし、それを提供する人達を攻撃するメチャクチャぶり。『自粛警察の行動は犯罪であり、やるのは犯罪者である』この程度、さっさと閣議で定義せんかい。  黄たるべき食糧危機に備えて農業で体全体を動かせばいいものを、なまじ口と手(指)だけ動いているものだから『犯罪』に走ってしまう。  今日は5月20日であり、検察庁法改悪法案を『死んだふり採決』する余地は残されている。採決見送りなんて信用してはならない。安倍晋三は自身の逮捕を免れるためだったら法律の解釈を曲げようが公文書を改ざんしようが、人を自殺に追い込もうが平気である。厳密には国会の会期が終わるまでは改悪法案を成立させることが可能だから、『採決見送り』は信用してはならない。 最後にツイッターから1つ。  「メシが食えるんだったら人権なんて制限されてもかまわない」という発想を持っているんだったら今すぐ自○したらどうか。そうやって権利を手放していくうちにやがて「メシを食う自由」『寝る自由』『呼吸する自由』も奪ってくるのが権力というもの。ましてや安倍政権は悪い意味で『規格外』だ。
posted by TIGHTROPE at 08:17

あなたのポジションは?

0.1%の『人』
動物
植物
鉱物
インフルエンザウイルスなど病原体
エレメンタル
---(これより下は滅亡すべき壁)
98.9%の『獣』 被害者ヅラして悪事と戦おうとしない
1%の闇の勢力の構成員(広義でいうと『獣』) 率先して悪事を働く
posted by TIGHTROPE at 09:56

今でもその気持ち変わらず。

 かつてツイッターでこうしたツイートをしてきた。それは今でも変わっていない。
 【これからの正しい46道府県民とは】今後はもう東京で仕事をすること、東京でモノを買うこと、モノも人も東京を経由することすらやめることだ。『東京外し』。これができないと早晩、46道府県に悪影響しかもたらさない。当たり前のことすらできなくなる東京のカネ以外の価値は皆無。
 東南海トラフ地震が起こったらまず福島・茨城・静岡を救え。そのあと南関東や太平洋沿岸。場合によっては北海道や沖縄も被害状況を見て救うべきだ。・・・東京だけは捨て置け。あそこを潰しても日本全体において悪影響絶無!!
 安倍晋三が生きていたことを罪として、風水害・土砂災害・猛暑・大地震を罰とするのならとんだ的外れ。そもそも安倍晋三の目的は『日本の破壊と日本人の殲滅』だから天変地異が罰になっていない。安倍晋三消滅後に提灯行列などもってのほか。獣は死ぬことによる価値を持たせてはいけない。
 陰謀論者=「コンスピラシー・セオリスト」という言葉は、『ワシントンのディープ・ステートにとって不都合な真実』を隠蔽するために、1967年4月1日、CIAによって考案され正式に決定された造語である(公式文書にも残されている)。そして、『陰謀論者』が通用する国は今では日本だけ。
 トーンポリシングとは、正当な訴えをしていても内容ではなく訴えの態度を責めて批判することで訴えの本質を逸らせて問題を矮小化する、強者が弱者を封じるための典型的かつ卑劣な手段。そうしたアクションを起こさせることを批判することによって異議申し立ての手段をなくさせる反民主的行為でもある。
 高度プロフェッショナル制度の導入は労働者に対する権利剥奪制度である。労働基準法によって守られる・行使できる権利が全てなくなる。年収なんて成立してしまえばいくらでも引き下げは可能。将来的には労働者を廃止して全て個人事業主にする計画も。賛成するのは全て獣。導入した企業は全て暴力団。
 【人として優先すべき規範】その組織しか役に立たないクソ同然のルール<<<凡百の法律<憲法<<<自分(達)が生きていくこと<<<(禁戒:絶対やってはいけないこと)・ニヤマ(勧戒:積極的に行うべきこと)
 隠されてきたことがこれから表に出てくるが、『芸能界の闇』が日本で出てきていない以上まだまだ序の口。「私たちのことは嫌いになっても日本の芸能界は嫌いにならないでください!」と誰かさんが力説しても意味などない(その子に力がない)とわかるだろう。
 獣の消滅に軍良心派や八咫烏はあてにならない。やっぱり #東南海トラフ地震 の一択。2019年前半に発生する可能性が高い。もし起こった場合にはまず地元、そのあと余裕があれば東京都以外には積極的に支援しろ。東京都に支援するのは獣の所業。人の死を悼み、獣の死には無関心。
 地球地表上の人口を10万人とすると1000:98900:58:42。1000は闇の勢力として、あなたのポジションは? ちなみにそのポジションは2011年5月の時点で既に決まっている。それはどんな神でさえ覆ることはない。
 あと4~5年で魔界のエネルギーが完全に消滅するというけど、勘違いしてもらいたくないのは敗れて消滅するのではなく、用済みになったから。光がどうとかは関係がない。それは同時に、誰が『人』で誰が獣かの峻別が完了するということ。魔界に打ち勝った者は『人』になるが、誰かは既に決まっている。
 日本人に関しては2030年以降、人類に関しては2050年以降誰も評価してくれなくなる。正義を行ったか否かは死後すぐに判明する。やった人は高次元で、やらなかったのは3次元で。そして獣は何をやっても地獄行き、ではなく魂ごと消滅して来世などない。地獄と呼ばれるのはもう消滅した。
 【マスコミだけで勝手に終わらすな。拡散と魚拓取りを】『日本一長くて面白くないCM』よりこっちが真実です。 - 闇営業、契約書なし、安いギャラ、宮迫の今後…吉本・大﨑会長が答えた60分
 日本の『終活』が教育でも行われている。『日本を救う』なんて64次元以上の天津神が降臨しな限りバカな妄想にすぎ何んだからそれに賭けようとせず、『来世は高次元領域で転生する』を唯一の目標にしたら?
 観光と祭りは地球に対する犯罪。「どうやったらできるか?」と考える時代ではない。むしろ、『どうやってピリオドを打つか』を議論したら? スポーツ、イベント事は、「今はやるべきではない」という次元ではない。『こんなとんでもないことを難でやるの? あたおか(頭おかしい)かよ!』とはっきり言わなければダメ。日本が2031年を迎えたいなら、世界が2051年を迎えたいならそれしか選択肢はない。
 学校でのいわゆる『いじめ』がなくならないのも、『自粛警察』の存在を許しているのもすべて日本の病根。どっかの大人がはっきりと、「全ての『自粛警察』官は辞職するか殉職するか、どちらか選べ」と言わないとますますつけあがるよ、こいつら獣だから。
 8割削減すべきだったのは接触ではなくて人口だった。
ただし悪魔眷属(獣)が99.9%いるので、そこからで8割削減は十分可能。『人』は1人でも削減してはならない。
地球にとっての脅威はコロナウイルスではなくて悪魔眷属(獣)である。
 相撲ではないんだから、日本はもはや『一発逆転のどんでん返し』は100%不可能。このまま黙って滅亡するしかない。せいぜい『それでも日本のことを考える』人達を支援するが、我々はまず自分自身の生き残りを優先させろ。
99.9%の獣にはそもそも転生の『資格すらなし』。
 こんなんでは日本は救えません。日本救ってもバカを見るだけ。
私が、『来世は高次元領域で転生する』を唯一の目標にするのはもはやそれくらいしかかなうことができないから。決して利己主義ではない。 それとも、あなたが99.9%いる獣を全て消滅してくれるの?
 過去・現在・未来において私が常日頃からツイートで警告を出しているのは、「『後思案の居計らい』な獣になりたくないから」 何か事があった時に、『真に警告をしていた人』に成りすました獣が出てくる。獣は地球にとってゴミ未満だから排除する気は淡々粛々と。
 悪魔眷属(獣)による『あんてー、あんじぇん、屁え~わ』よりも悪魔眷属(獣)一切いない混沌や混乱の方を選ぶ。
posted by TIGHTROPE at 09:55