医療従事者への支援が根本から間違い。騒音・文字の羅列・環境破壊・時間の無駄よりもヒト・モノ・カネ!!

 花火業者にとってはその年に打ち上げないと来年まで花火玉が持たないから一気に打ち上げたんだろうが、それによる環境悪化はこれまで以上のものだ。まるで『花火業者のヤケのヤンパチ』ではないか。
 花火が悪疫退散として有効だったのは江戸時代までだ。現在のように銅・バリウム・ストロンチウム・過塩素酸塩などの毒性のある金属や薬品類を使って様々な形や色の花火を作れるようになった現在では、役に立たないばかりか大気汚染など環境悪化の弊害でしかない。
 ブルーインパルスによる『北条高時の田楽』を思い起こさせるような飛行も、あの戦闘機が放った煙の中にも有害な物質(ケムトレイル)が含まれているなら犯罪でしかない。まさかと思うが、東京では想定通りも感染者・死者数が出ていない(思ったほど少ない)から花火やブルーインパルスやらを使ってケムトレイルをばらまいて感染爆発を起こそうとしていたのでは?
 だとしたら、だったら、『プロセスなんてどうでもいい』という言葉が平気で出る。ブルーインパルスを操縦した隊員や訓練飛行を監督した教官らも貴重な時間をこんなことに使われたらえらい迷惑だっただろう。
 花火自体が危険な有毒物質というだけでない。「花火の爆音や獣の騒音による動物に対するストレス並びに死亡」「獣が見物場所をうろつくことによる空気・水の汚染並びにゴミなどを散乱させる土壌汚染」
 ・・・いいことなんて何もない。花火は特定の日だけ上げるのではなく永遠に禁止し、花火業者も全て撤退して別の仕事についたらどうか。

 そもそも医療従事者はこれらの『花火やブルーインパルスによる騒音・環境破壊・時間と資源の無駄遣い』をしてくれと思った人なんて誰もいない。動画を使った空虚な文字の羅列も『豚の鳴き声』もいらない。
 必要なのは以下の3つだ。
  • 「従来通りの業務時間内に収められるような医師・看護師の応援投入」
  • 「マスク等の医療備品やや武漢・新型コロナウイルスに真に有効な医薬品の速やかな提供」
  • 「地方の病院経営が非常時にも対応できる程度の金銭支援」
 そう、『男も女も黙ってヒト・モノ・カネ』である。

 そういえば、イタリアの医師らが『闇属性』NWOのいうことを聞かずに死体を解剖した結果、抗生物質・抗炎症薬・抗凝結剤・アスピリンなどが有効であると判明したようだな。だったらアビガンですら不要となる。